]

ハウスクリーニング 大阪 奈良のエコストリーは、まごころを込めて営業しています。

ハウスクリーニング 大阪 奈良 トップページ > 店長の日記 > 04月01日今日は何の日?

04月01日=今日は何の日?

エイプリルフール,万愚節

罪のない嘘をついて良いとされる日。日本では「四月馬鹿」とも呼ばれる。
その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが、
1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が4月1日を
「嘘の新年」として位置づけ、馬鹿騒ぎをするようになったのがエイプリルフールの始まりとされている。
また、インドでは悟りの修行は春分の日から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、
4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もある。

新学年

学年度始めの日。4月1日から翌年の3月31日を「年度」として括る。
元々日本では、特に入学の時期は定められておらず、年中入学可となっているのが普通だった。
1886(明治19)年10月に、高等師範学校が学年暦を4月1日からと定め、
1888(明治21)年から全国一斉にこれにならうようになった。
ただし、大学や高等学校では欧米の習慣に合わせて9月に新学期を始めていた。
4月1日生まれの人は、前年度の3月生まれの人と一緒に入学することになる。
これは、学校教育法で"保護者は、子女の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初から
(中略)就学させる義務を負う。"と規定しているためである。「年齢計算ニ関スル法律」では"
年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス"とし、「民法」第143条では年を単位として期間を定めた場合には、
起算日の応答日の前日に期間が満了することとしている。つまり、4月1日に生まれた人は、
その6年後の3月31日をもって五歳の期間が満了することになり、
その翌日の4月1日に始まる学年から小学校に入学するのである。

新会計年度

4月1日から翌年の3月31日を「年度」として括る。
江戸時代までは、暦年とは別の「年度」というものはなく、1月から12月までで会計を行っていた。
しかし、明治維新の後、政府の財政が苦しく、暦年と合わせることができなくなって「年度」が作られた。
その為、当初は年度の始期が頻繁に変えられた。1886(明治19)年に、現在の4月から翌年3月までとなった。
会計年度の始期が4月1日となったのは、秋の収獲後の徴税の都合の為であるとされている。
また、イギリスでかつて3月25日を新年としており、金銭の精算に一週間の猶予が認められていたからとする説もある。

メニュー

【価格表】 - 【作業エリア】 - 【キャンペーン情報】 - 【特定商取引に基づく表示】 - 【個人情報保護方針】 -【店長の日記】
【お客様の声】 - 【害虫駆除】 - 【用語集】 - 【CHAT理論】 - 【おそうじのヒント】 - 【安さの秘密】 - 【サイトマップ】
【はじめにお読みください】 - 【作業の流れ】- 【ロハスのすすめ】 - 【ビルメンテナンス解説】 - 【ハウスクリーニング解説】
【家庭用エアコンクリーニング】 - 【業務用エアコンクリーニング】 - 【業者さまページ】 - 【携帯サイト】

ページのトップへ戻る