ハウスクリーニング 大阪

ハウスクリーニングでは絶対に追加料金なし!
ハウスクリーニング大阪の電話番号は:072-969-7974
ハウスクリーニング 大阪 トップページ > 塩酸

塩酸

本来は塩化水素酸と呼ぶべきものだが、歴史的な経緯から酸素を含む酸と同じように、塩酸と呼ばれている。 塩酸の内、「濃塩酸」として市販されるものは、塩化水素の37質量% = 12 mol dm?3水溶液が一般的である。
40質量%を越える溶液も調製可能だが、塩化水素の揮発が早く(蒸気圧が高く)、
保管・使用に際して温度や圧力などに特別の注意を要する。
また、滴定用や医薬品として濃度調製された製品も販売されている。
試薬として販売されている塩酸(約35%、特級や一級など)を適度に希釈した(薄めた)塩酸という意味で、
通常「希塩酸」として流通している。常温常圧下で、濃度が約25%以上の塩酸には、発煙性がある。
日本では毒物及び劇物取締法により塩化水素原体および10%を超える製剤が劇物に指定されている。

用途: [編集]医薬・農薬・調味料の合成など、工業的用途は極めて多岐に亘る。
洗浄など日常用の用途には 10% から 12% の濃度の塩酸が販売されており、これを薄めて使用することが強く勧められている。
例えばトイレ用の洗剤としても用いられ、塩化水素10%未満を含有する塩酸を主成分としたものが一般家庭向けに市販されている。
高等学校までの理科、化学の実験において、水酸化ナトリウムとともによく使用される薬品である。
小学校六年の理科の実験(水溶液の性質)においては、希塩酸がアンモニア水や水酸化ナトリウムと並ぶ代表的な試薬である。
リトマス試験紙やBTB溶液で性質を調べ、性質ごとに薬品を分けるなどの実験に使用される。
また、中学校三年の理科Ⅰ分野の実験(中和と塩)では水酸化ナトリウムと中和させる実験、高等学校では酸・塩基・中和の実験などに使用される。
水酸化物の中和や、酸化物などからの塩化物の合成にも利用される。
(例: HCl + KOH → KCl + H2O 〔塩酸+水酸化カリウム→塩化カリウム+水〕となる。)
濃塩酸 3:濃硝酸 1の体積比で混合したものは王水と呼ばれ、高い酸化性をもつため、金や白金など、酸に対する耐性の高い金属の塩類製造に用いられる。
ヘロインやコカインの製造にも使われるため、麻薬及び向精神薬不正取引防止条約においてテーブル II 前駆体に指定されている。

性質: [編集]化学的性質は塩化水素の項に詳しい。水溶液としての性質を以下に挙げる。
硫酸、硝酸と並ぶ一般的な強酸の一種であり、水素よりもイオン化傾向の大きい金属と反応し水素を発する。
しかし、水素イオン(プロトン)を還元することができない、つまり水素よりもイオン化傾向の小さい銅、銀、白金、金などは希塩酸には溶解しない。
(例)亜鉛との反応
水酸化ナトリウムとの中和により、塩化ナトリウムを生成。(ほかの水酸化物でも同様の中和反応が起きる。)
アルコールなどの官能基を塩素に置換させる。(t-ブタノールの反応を例として挙げる)
高濃度の塩酸、揮発した塩化水素によりアンモニアと反応して白煙(塩化アンモニウム)を生成する。
危険性 [編集]摂取 - 消化器を激しく侵し、致命的になりうる。
吸入 - 塩化水素に準じ、人体に有毒。多量に吸入した場合、肺水腫などを引き起こし、死に至る。
皮膚 - 腐食性があるので、化学熱傷の原因となる。
目 - 角膜溶解、角膜白濁、角膜上皮の激しい損傷を起こし、眼球穿孔や失明の危険がある。

ページのトップへ戻る