ハウスクリーニング 大阪

ハウスクリーニングでは絶対に追加料金なし!
ハウスクリーニング大阪の電話番号は:072-969-7974
ハウスクリーニング 大阪 トップページ > フッ化水素

フッ化水素

ハウスクリーニング業者がよく使う薬品です。
かなり危険な物です。
ヒトの経口最小致死量 = 1.5 g、または 20 mg/kg(体重あたり)。
スプーン一杯の誤飲(9%溶液)で死亡の事例もある。
皮膚に接触すると、体内に容易に浸透する。
フッ化水素は体内のカルシウムイオンと結合してフッ化カルシウムを生じる反応を起こすので、骨を侵す。
濃度の薄いフッ化水素酸が付着すると、数時間後にうずくような痛みに襲われる。
生じたフッ化カルシウム結晶の刺激によるものである。また、浴びた量が多いと死に至る。
これは血液中のカルシウムイオンがフッ化水素によって急速に消費されるために、血中カルシウム濃度が低下し、
しばしば重篤な低カルシウム血症を引き起こすためでる。
この場合、意識は明晰なまま、心室細動を起こし死亡する。
なお、歯科治療にては、人工歯(義歯)の製造工程にフッ化水素が使われる一方で、
虫歯予防にフッ化ナトリウム (NaF) が使われることがあり、注意が必要である。
実際に、両者のとり違いによる死亡事故が報告されている。
皮膚に接触した場合の応急処置としては、直ちに流水洗浄し、グルコン酸カルシウムを患部に塗布する。

分子の性質: 常温で気体または液体。塩化水素などの他のハロゲン化水素の場合に比べて性質が異なる点がある。
まず、F-H の結合エネルギーが大きいために電離し難く、希薄水溶液においては弱酸として振舞う。
これはフッ化物イオンのイオン半径が小さいため、水素イオンとの静電気力が強いことによるとも解釈される。
また、水素結合により分子間に強い相互作用を持つことから、分子量の割りに沸点が高くなっている。
また、フッ素の電気陰性度があまりに大きいために、フッ化水素同士で二量体あるいはそれ以上の多量体を生成する。
80℃以上の気体状態では単量体が主となる。

溶媒としての性質: 液体フッ化水素はプロトン性溶媒であり、水などと同様に自己解離が存在するが、
フッ素のあまりの陰性の為にフッ化物イオンは更に一分子のHFと結合して溶媒和し、0℃のイオン積は以下の通りである。

フッ化水素の水溶液(フッ化水素酸、弗酸)は濃度により酸性度は著しく変化し、
純粋なフッ化水素ではハメットの酸度関数は H0 = -11.03 を示し、純硫酸に近い強酸性媒体である。
さらに純フッ化水素に1mol%の五フッ化アンチモンを加えたものは H0 = -20.5 という超酸としての性質が現れる。
0℃における比誘電率は83.6と、水の87.74(0℃)に近く、イオン解離に有利な溶媒としての性質を持つが、
強い酸性度のためフッ化水素中で強酸としてはたらく物質は少なく、水、アルコールなど多くの分子がプロトン化を受け強塩基として振る舞う。
ガラスとの反応 [編集]フッ化物イオンの高い求核性によるケイ素原子との強い結合形成と、
ケイ酸骨格へのプロトン化の相互作用により、ガラス等に含まれるケイ酸 SiO2 と反応して、
ヘキサフルオロケイ酸 (H2SiF6·nH2O) を生じ、これらを腐食させる。この反応は、半導体の製造プロセスにおいて重要である。
ちなみに、気体のフッ化水素は、ガラス等に含まれる二酸化ケイ素 SiO2 と反応しとなる。
その他、ほとんど全ての無機酸化物を腐食する。
そのため、容器としてポリエチレンやテフロンのボトルが使用される。

ページのトップへ戻る